モンスターカレンダー

« 2013年3月 »
12345678910111213141516171819202122232425262728293031

初体験!生まれて初めてボルダリングをやってみた!

| コメント(0) | トラックバック(0)

cliffhangerz.jpg

 
 
 
 
 
 
先日友達と近くのボルダリングジムに行ってきました。
ボルダリングををやるのは初めてなので道具が必要なのか、そもそもどやって登ればいいのか全く知らない状態で、「とりあえず行って登ってみればいいっしょ!」ってことでぶっつけ本番で行ってきました。笑
 
 
 
 
 
ボルダリングとはフリークライミングの一種で4m程の比較的高さのない岩をロープや道具を使わずに自分の体だけで登るスポーツです。
自然の中の岩を登ることもそうですが、クライミングジムで人工的に作られた壁を登るのもボルダリングと言われます。
最近はボルダリングジムを見かける事が多く、都心の方にもおしゃれなジムがいっぱいあるみたいですね。ネットで検索してみると結構近くにクライミングジムがありました。
  
 
 
 
 
クライミングジムに行ってみると壁に様々な色の石が埋め込まれていました。
大きい物、小さいもの、1つ1つ形が違っていて、見ているだけでも結構面白いです!
傾斜のある壁もありました。スタッフさん曰く、傾斜のある壁は上級者コースで傾斜が急になるほど難易度が上がっていくらしいです。
上級者コースを見てみると傾斜の角度が結構すごい。初心者は傾斜のないコースからやっていくのが無難ですね笑
Bouldering.jpg
 
 
 
 
 
 
道具はクライミングジムでレンタルできるみたいです。いやー、良かった。レンタルできなかったら、詰んでいました。笑
最低持っていくのに必要なものは着替えのみですね。着替えといっても自分は下を短パンに着替えただけで、上は普段着で壁を登っていました。笑
レンタルで必要なのはシューズです。自分たちは他に滑り止めになる白い粉もレンタルしました。
 
 
 
 
 
 
ボルダリングシューズはソールの部分が平面になっていました。フラットソールというようです。
なぜボルダリングシューズがフラットソールなのか!?
それはソールが広い面積でフットホールド(足場)に接するようになっており、そのことによって足が滑りにくくなるようです。
shoes.jpg 
 
 
 
  
 
レンタルしたシューズを着用し、着替えを済ませたら、ボルダリング開始です!
クライミングジムにはコースがあるようで、決められたフットホールド(足場)のみをつかんだり足をかけたりして登るようです。
つかんだり足をかけたりしてもいいスタンスがランクによって違っていて、見た感じだと上級になるにつれて使用するフットホールドの数や形等が変わっていくようです。
 
 
 
 
 
初めてだということでスタッフさんが丁寧にルールを教えて下さいました。
フットホールド(足場)に番号がふられており、各コースで決められた番号のみ手でつかむことができる。足は自由に使ってオッケー。難易度があがるとかけていい足場も指定されるようです。
スタートはスタート地点のフットホールドを両手でつかんで壁にへばりついてからスタート、ゴールもゴール地点のフットホールドを両手でつかんでゴールです。
自分がいったジムではピンク、緑、青、黄、赤という順番で難易度が上がっていくようです。足場の指定コースは別途用意されているようでした。
 
 
 
 
 
 
さっそくボルダリング開始です!ピンクから登っていきました。
いやー、楽しい!どのフットホールドに足をかけたらいいのやらと登っている間も頭使いますねー。
筋肉だけ使ってるようじゃだめなんですね。初心者だからかもしれませんが、1コース登るだけでも結構筋肉つかいました。
手がプルプルいってました。笑
bouldering2.jpg
  
 
 
  
「よっしゃ。今日中に赤コースまで登ろうぜ!」
と友達と気合い入れていたのですが、いざ登ってみると自分たちが言ってたことに顔真っ赤になりました。笑
ピンクまではいけたのですが、緑で難しいコースが増えてきて「えっ!?これどやって登るの。笑」というコースが...
 
 
 
 
 
フットホールドもつかみにく物が増えてきて、滑るし手もぷるぷるしてるしどーすんだこれ・・と何度も挑んだのですがどうしても登れないところがありました。
いやー悔しい。絶対登ってやる!
次リベンジですね。筋トレとか頑張ります。
終わった後にスタッフさんにコツを聞いたのですが、初心者は手だけを使いがちのようで上級者は足を使うんだそうです。
お、俺ら絵に描いた初心者やん笑
 
 
 
 
 
初めてやったボルダリングですが、気軽にいけて5時間くらい壁と向き合って、がむしゃらい登る事ができました。
最終的には大自然の岩を自分の体一つで登りたいですね。
ファイト一発的なやつやりたい!!笑
また行きたいと思います。今度は別のクライミングジムもいってみようかなと。
 
 
 
 
 
皆さんも是非ボルダリングやってみてください!
おすすめです。一緒に自然に打ち勝ちましょう!笑
bouldering3.jpg

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.azapp.jp/mt/mt-tb.cgi/18

コメントする