モンスターカレンダー

« 2013年3月 »
12345678910111213141516171819202122232425262728293031

Windows 脱GUI!コマンドクロンプトでシャットダウン・再起動・ログオフ・休止状態

| コメント(0) | トラックバック(0)

Windows コマンドクロンプトを使用して、かっこよくシャットダウン、再起動、ログオフ、休止状態にしてみよう。

cmd_top.jpg

 

 

 

 

 

コマンドクロンプトでのシャットダウン・再起動・ログオフ・休止状態にする方法、コマンドをご紹介します。

コマンドクロンプトで操作することにより、シャットダウン時にコメントを表示したり、シャットダウンまでの時間を指定するオプションを追加することができます。

気分転換に使うのもいいですし、意外と早かったりもするので普段使用しても使えると思います。

私は他の人がやってるのを見て、真似しました。なぜか格好良くみえてしまったので笑

 

 

 

 

 

まずはコマンドクロンプトの起動からです。

Windows7の場合

[スタート] → [すべてのプログラム] → [アクセサリ] → [コマンドクロンプト]

WindowsVista, WindowsXP, Windows2000の場合

[スタート] → [プログラム] → [アクセサリ] → [コマンドクロンプト]

と選択していくと起動することができます。

 

 

 

 

 

しかし、わざわざ選択していくのは手間がかかりますよね。

なので!ショートカットキーを使用する方法があるのでこちらで起動してみたらいかがでしょうか。

ウィンドウズキー + R (同時押し)

で[ファイル名を指定して実行]ダイアログが表示されますので、そこに「cmd」と入力指定して[OK]ボタンを押下。

cmd.png 

 

 

 

 

 

するとコマンドクロンプトが起動します。

次にコマンドの入力です。Windows終了に関するコマンドは「shutdown」です。

「shutdown」の後にオプションとなる引数を付け加えていく形式になります。

例えば「shutdown -s」だとシャットダウン、「shutdown -r」だと再起動というふうに終了方法を変えることができます。

さらにオプションを付け加えてみます。「shutdown -s -t 10」だと10秒後シャットダウンというふうにオプションを付加することが可能です。

 

 

 

 

 

下記はオプションとなる主な引数です。使ってみてください。

cmd_shutdown.png

 

 

 

 

 

それでは実際にやってみます。

コマンドクロンプトを起動し、「shutdown -s -t 0」を入力。上の表から「shutdown -s -t 0」は0秒後にシャットダウンとなります。

コマンド入力後すぐにシャットダウンが開始されます。これが普段良く使用するコマンドです。

cmd_s_t0.png

 

 

 

 

 

せっかくなので他のオプションも使ってみましょう!

「-c」とか面白そうですね。さっそくコマンドクロンプトに入力です。

「shutdown -s -c "じゃあね" t -60」と入力しました。

上の表で確認すると"じゃあね"とコメントを表示し、60秒後にシャットダウンをすることになります。笑

cmd_s1.jpg

 

 

 

 

 

コメントが出力されました!

cmd_s2.png

「じゃあね」!笑

 

 

 

 

 

おっとそうはさせねぇ、まだやることがあるんだー!

このシャットダウンを阻止しましょう。この時に使用するのが「-a」引数です!

(「-a」これはタイムアウトまでの間のみ使用可能となります。)

コマンドクロンプトに「shutdown -a 」を入力。

cmd_s3.png

これでシャットダウンを阻止できました。これでまだまだPC作業できますね!笑

 

 

 

 

 

皆さんも是非是非コマンドクロンプトでシャットダウン、再起動、ログオフ、休止状態にしてみてください。

一回使ってみると何回も使いたくなってしまいますよ!

コメントを付け加えたり、シャットダウンの時間を変えてみたりできるので

カフェでPCを触っている友達がいたら、コマンドクロンプトでいじわるするのもありですね!笑

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.azapp.jp/mt/mt-tb.cgi/15

コメントする