モンスターカレンダー

« 2013年3月 »
12345678910111213141516171819202122232425262728293031

Windows ショートカットで素早くシャットダウン、再起動、ログオフ、休止状態

| コメント(0) | トラックバック(0)

Windows ショートカットを使って、素早くシャットダウン・再起動・ログオフ・休止状態で効率化!

shortcut_top.png

 

 

 

 

 

PCを終了させるとき、ウィンドウズボタンから終了する必要があります。

シャットダウン以外はプルダウンメニューから選択する必要があり、少し手間がかかります。

ショートカットを作成し、デスクトップに置く事で素早く終了し、効率化できます。

シャットダウン、再起動、ログオフ、休止状態のショートカットを作成してみてはいかがでしょう。

 

 

 

 

 

デスクトップで右クリック → [新規作成(X)] → [ショートカット(S)]を選択。

ショートカット.png

 

 

 

 

 

ショートカットの作成画面が出力されます。

[項目の場所を入力してください(T)]に通常フォルダパスを入力する事が多いのですが、今回はコマンドを入力します。

入力するコマンドで終了方法が変わってきます。ここでは「shutdown -s -t 0」を入力します。

すぐさまシャットダウンを行うコマンドです。

shortcut.png

 

 

 

 

 

ショートカットをクリックするとコンピュータが自動的にコマンドクロンプトを起動し、先ほど[項目の場所を入力してください(T)]に入力したコマンドを実行するという仕組みになっています。

なので[項目の場所を入力してください(T)]に入力するコマンドはコマンドクロンプトに入力するコマンドになり、

コマンドクロンプトでコンピュータのシャットダウン、再起動、ログオフ、休止状態を行うコマンドを入力すれば良いことになります。

 

 

 

 

 

主なコマンドを紹介します。

「shutdown -s -t 0」 シャットダウン

「shutdown -r -t 0」 再起動

「shutdown  -l」 ログオフ

「-s」「-t」は引数です。引数を帰る事によってコンピュータがどのような動きをするかが決まって来ます。

コンピュータの終了に関するコマンド、引数について以前記事を書いていますので参考にしてみてください。

Windows 脱GUI!コマンドクロンプトでシャットダウン・再起動・ログオフ・休止状態

 

 

 

 

 

先ほどの画面で[OK]ボタンを押下すると、次のが画面が表示されます。

shortcut2.png

[このショートカットの名前を入力してください(T)]にショートカットの名前を入力します。

「shutdown -s -t 0」のコマンドを入力すると「shutdown.exe」という名前が初期設定されているので、今回はこの名前で作成しています。

 

 

 

 

 

[完了]ボタンを押下すると、ショートカットがデスクトップに作成されました!

shortcut3.png

 

 

 

 

 

作成したショートカットをクリックし、シャットダウンできるか試してみてください。

開いた瞬間にシャットダウンが開始されます。

他のコマンドを入力すれば再起動、ログオフ、休止状態のショートカットの作成もできます。

一回作成しちゃうと後々楽ちんなので是非やってみてください!!

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.azapp.jp/mt/mt-tb.cgi/16

コメントする